カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

鳥取の特産品・らっきょうについて

鳥取はらっきょうの一大産地

鳥取が、全国トップクラスのらっきょう生産地である事をご存知でしょうか。鳥取県中部・東部の砂丘地では、らっきょうの栽培が盛んに行われています。特に、鳥取砂丘に隣接する福部町は全国屈指のらっきょう産地であり、「砂丘らっきょう」はご当地グルメとしても有名です。福部町で栽培されているのは、大玉で細長い形をした「らくだ系」という品種が中心ですが、北栄町では小玉で丸い「玉系」らっきょうも栽培されています。

当店のらっきょうは、北栄町の北条砂丘産です。大玉で歯ごたえがしっかりしたらくだらっきょうに加え、玉らっきょうも栽培されています。

鳥取でらっきょうが栽培される理由

鳥取のらっきょう栽培の起源は、江戸時代に参勤交代の付き人が、小石川薬園(現在の小石川植物園)より持ち帰ったという説が有力です。らっきょうは生命力がとても強く、水が少ない砂丘地や荒廃地でも栽培できる事から、一部の農家で自家用として栽培され始めました。大正時代には産業組合が設立されて本格的な栽培が始まり、戦後にスプリンクラー灌水が導入されて以来、大規模栽培が可能となりました。

鳥取砂丘は海岸にありながら起伏が激しく、夏には砂地の表面温度が60度以上になる事も珍しくありません。一方、冬には一面が雪に覆われる事もあります。このような過酷な環境で、らっきょうはたくましく育っているのです。

鳥取で育つらっきょうの特徴

厳しい環境の中で育つ鳥取産らっきょうは身が締まり、シャキシャキとした歯ごたえが特徴です。特に根付きらっきょうは、根を切らずに出荷する事で切り口が傷まず、砂が付いているため水分の蒸発を適度に防ぐ事ができます。砂丘の砂はとてもサラサラしており、土と比べても簡単に洗い流す事ができます。まだ食べた事がないという方は、鳥取生まれの新鮮ならっきょうを、是非一度お試しください。

当店の通販ショップでは、鳥取産のらくだらっきょう・玉らっきょうを販売しております。
朝に掘ってすぐに発送致しますので、新鮮さにはきっとご満足いただけると思います。
他にも長芋・なし・スイカ・ねばりっこなど、鳥取のご当地グルメを数多く取り扱っております。
実店舗を持たない販売だけのネットショップとは違い、創業以来40年スイカ、メロン、梨の実店舗販売、魚の行商をしていて、実際に自分たちの目・舌・手で確かめて、納得のいくものだけを販売しておりますので、当店自慢の味を是非ご家庭でお楽しみください。